10月16日沖縄県南城市玉城総合体育館にて

『第21回全沖縄空手道連盟空手選手権大会』

がありました。


連盟大会①


今大会には宗家仲里先生、門下生の高里

大川道場館長宮城先生、副館長嘉数先生、

門下生の仲間・新垣・瀬長

が大会役員及び競技役員・補助員として

大会運営に回り



大川道場門下生

型の部

○小学生(1~2年)男女混合に4名

    (3~4年)男女混合に6名

    (5~6年)男女混合に3名

○中学生男子2名・女子3名

○一般女子(級)の部1名・(段)の部2名


組手の部

○小学生(3~4年)男女混合に3名
    (5~6年)男女混合に1名

○中学生男子1名・女子1名

○一般男子(段)1名

が出場。

連盟大会②

(開会式の模様)

10月とはいえまだまだ残暑残る沖縄

朝から体育館は熱気に包まれていました。

連盟大会③

普段とは違って真剣な表情で出番を待ってます。

連盟大会④

2か月以上前から今大会に向けて取り組んだ成果を

十分に発揮!



午前中が型競技で休憩をはさんで

午後から組手競技に移りました。

連盟大会⑤


結果のほうですが

型競技で小学生(3~4年)及び

中学生女子の部で三位

一般女子(段)準優勝

以上3名が今大会で入賞しました。
連盟大会⑧

今回結果を残せなかった子供もいましたが

次回は結果が残るよう指導も頑張ることと

選手として出場できるよう

稽古を積んでいこうと思いました。