みなさま、こんにちわ。
大川道場の砂川です。
今回、またまたブログ担当に指名されました。
記事を書くにあたりブログページを確認したところ、前回の更新が4か月前!!
大変お待たせしてしまい、申し訳ないです。。。
今回は、平成27年10月18日(日)に行われた、全沖縄空手道連盟の大会の様子を書いていきますので、よろしくお願いします☆

さて、スポーツの秋らしい穏やかな陽気のなか、第20回全沖縄空手道協会空手選手権大会が開催されました。
参加者は約300人で午前に型競技、午後に組手競技が行われました。
大川道場からも、小学生、中学生、高校生、一般と総勢21人の門下生が参加しましたよ!
(かくいう私もちゃっかり参加しちゃいました。)
年に1度の大きな大会ということで、皆(特に小学生は)すごく張り切っていました。
開会式が始まるまでは、かけっこをして走り回っている子、おしゃべりをして楽しんでいる子、すでに緊張している子と、様々な様子で各自過ごしていましたが、競技開始が近づくにつれ緊張と気合の入り混じった表情を一様に浮かべていました。
いつもは元気すぎるくらい元気な子どもたちが、緊張してだんまりしながら自分の出番を待っていたので、普段とのあまりのギャップに思わず笑ってしまいました。
満足のいく演武のできた子もそうでない子も、全員が「来年はもっといい成績を残す!」と言っていたので、このような大きな大会で、緊張しながらも一生懸命演武できたことは、子どもたちにとって良い経験と良い刺激になっただろうと思います。

また、組手競技に関しても、普段の稽古は型が中心で組手の稽古は数える程度しかしていないのに、「大会に出る」と言った子どもたちのやる気と勇気は本当にすごいなぁと感心しました。
勝った子も敗けた子も、みんなすごく一生懸命で、途中で諦めることなく時間いっぱいになるまで相手に向かっていく姿を見て、とても感動しました。みんなカッコよかったよ!



さてさて、肝心の結果発表ですが、以下の通りとなりました☆
5・6年生女子(組手)☆3位☆ 川門さん(妹)
 ⇒初のトロフィー獲得!おめでとう!物怖じせず闘う姿はカッコよかった!

中学生女子(型)☆3位☆  惣慶さん
 ⇒初出場にしてこの成績!おめでとう!これからもっともっと上達していくはず。

高校生女子(型)☆優勝☆ 川門さん(姉)
 ⇒「部活(テニス)を引退して体力が・・・」とか言いつつ抜群の安定感!おめでとう!安心と実績の絶対的エース!

審判の部☆優勝☆ 宮城先生
 ⇒「宮城先生の審判が一番上手だった」という川門(姉)の一言により、勝手に創設(笑)。おめでとうございます。
DSC01086.jpg



最後に、大会に出場した選手の皆さん、審判を務めた先生方、大会役員を務めたお二人、子どもたちの監督役をしてくれたお二人、そして朝から夕方まで応援してくださった保護者のみなさま、本当にお疲れ様でした。
また来年も頑張りましょう!