上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1936年10月25日に正式に「空手」と称するようになったことを記念して、
10月25日は「空手の日」と定めされました。

空手の日①

今日はその「空手の日」のイベントとして、記念演武祭が国際通りで開催され、
たくさんの空手関係者の方々が参加されていました。
私たちも大川道場の皆さんと一緒に少林寺流の型を披露してきましたよ。

記念演武祭に参加すべく、私の自宅である宜野湾市を出発した時には
天気予報どおりの土砂降りで心配していましたが、那覇は完全に晴れ!!
空手関係者の方々の思いが天に通じたのかもしれません。

空手の日②

多くの観客の方も足を止め、演武を見ていらっしゃいました。
本当に感謝です!!

この沖縄の大事な伝統文化である空手を盛り上げていくためにも、
一人ひとりが日々の稽古に励みましょう!

今日参加された皆さん、本当にお疲れ様でした!!

空手の日③ 空手の日④

                                          (知念)
スポンサーサイト
昨日、沖縄国際大学の体育館にて「第19回全沖縄空手道連盟空手選手権大会」が開催され、
午前は競技、午後は組手競技が行われました。

少林寺流も宗家道場、大川道場から大人、子供合わせて多くの方が参加しました。
空手は勝ち負けではないものの、このような大会はひつつの目標として、また自分の実力を
測るものとして有意義なものです。

今回の大会は門下生の皆さんの日頃の鍛錬もあらわれ、多くの方が入賞できた実りの多い
大会となりました。

今大会で良い結果を残せた人も、残念ながら不本意な結果に終わった人も、
これを励みにして日々の稽古に活かしていきましょう!

大会終了後は懇親会でみんなの健闘を称えあい、空手談義に花をさかせました。

第19回全沖縄空手道連盟空手選手権大会

選手権大会打ち上げ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。