上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.07.30 充実(宗)
私の住む町で400年超の伝統を持つ大綱引きが去る7月27日に行われた。長さ90m程の綱を引きあうが荒々しい様相でかなりの迫力であるが、今回は参加出来なかった。前日より2日間に亘り東京高木館長が新たな一歩を踏み出す観点からの宗家道場における稽古が組まれていたからだ。毎回熱心な彼であるが、大綱引きにも負けない情熱を感じた。今回は1対1中心の稽古であり、時間的にも長く取れたことで充実した内容であったと実感している。高木館長が練って練って精進する事を希望する。2日目午後は、午前中から参加していた大川道場s川が弁当(パン?)持参で居残り、3名での稽古となった。身体は小さいが、空手が大好きでいつも粛々としかし熱く稽古に励んでおり今後も期待したい。
スポンサーサイト
2014.07.27 夏真っ盛り
定例の稽古を宗家道場にて行いました。

沖縄も夏真っ盛り!
暑さがすごいです。
みなさん、滝のように汗を流していました。

でも日々コツコツ稽古するしか上達への道はありませんからね。
熱中症には気を付けながら稽古に励みましょう!

余談ですが、先日知念岬に足を運びました。いつ見てもあの海の風景は絶品です!

2014.07.23 今できること
『今出来る事をやれ!』大川道場の女子高校生Rが小学生を指導している時の一言であるが、感動した。彼女は大川道場創設時からの門下生であるが、技能的にも優れており更に精神的にも大きな成長していることを実感する。先日、地元マスコミ主催の大会に向けての稽古中のことらしいが、出来もしない大きなことを吹聴するのが見受けられる昨今、単純な言葉であるもののストンと落ちる内容である。子供達もきっとそのような先輩の教えもあり立派な成績が残せたものと思う次第である。これからも期待しているからね。
猛烈に吹き荒れた台風8号が去り、強烈な暑さが戻った12日の沖縄に東京から澤田氏が稽古に宗家道場を訪れた。20年を超える武歴を有しているが、久し振りに2日に亘り一緒に汗を流し心地良い時間を過ごした。今回は1対1での稽古であるが、素直な性格から出される型は修正力も抜群で宗家としても心強い限りであり今後も大いに期待したい。
今回の目的の一つでもある澤田道場の本協会への加盟申請については、協会役員全員一致で認められ7月13日付けで正式に公認道場となったこともここに記しておきたい。今後も沖縄少林寺流空手道求道館を共に支えていこう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。