上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりです。
大川道場の砂川です。
更新が滞っており申し訳ございません(>_<)
今回は、平成28年12月18日に行われた、第3回人間塾・大川道場交流大会についてお伝えしたいと思います!

まず始めに、大会を開催するにあたり、大会審判を務めてくださった「全沖縄空手道連盟」の小渡先生、森先生、平良先生、國吉先生、川上先生、新里先生、仲里先生へお礼申し上げます。ご多忙のなか、快く引き受けてくださり誠にありがとうございました。

さて、今年で3回目の開催となった本大会には、それぞれの道場から総勢59名の門下生が出場し、幼稚園の部、小学1・2年生の部、3・4年生の部、5・6年生の部、中学生の部に分かれて型競技を行いました。
普段は同じ道場で稽古している仲間も、この日はライバル!さらに他道場の門下生とも競い合うということで、気合いの入っている子もいれば緊張している子もいて、子どもたちの面持ちは様々。


開会式を終え、大会をスムーズかつ安全に運営すべく、大会役員も気を引き締め直したところで、いざ試合開始です!




型競技は幼稚園の部から順に予選を行い、予選の上位4選手による準決勝・決勝戦を行いました。
幼稚園、小学1・2年生の部では、体こそ小さいものの、どの選手も力と気迫を込めて演武しており、審判の先生方も感心しきりでした。
また、小学3・4年生、5・6年生の部では、男女ともに目線の向きや足の運びなど、しっかりした基礎に裏打ちされた素晴らしい演武を披露していました。
さらに中学生の部では、パワーとスピードの男子、丁寧さと美しさの女子という具合に、それぞれの長所を活かした演武を行っており、非常に見応えがありました!

型競技を終えた選手たちは、嬉しさや悔しさなど、それぞれ何かを感じているようでしたが、その想いを糧として今後の稽古に励み、成長した姿を来年の大会で見られたら良いなと思います。

さて、型競技の後は、各道場の代表者による代表演武が行われました。
人間塾代表は前田さん、大川道場代表はまさかの私。
前田さんの型は、安定した下半身や技のキレがあり、まさにお手本となるような素晴らしい型でした。同じ流派だけでなく、他流派の演武を見ることも、体の使い方など参考になる点が多く大変勉強になりますね。

そして!代表演武の後は、今回から新たに追加された「組手団体戦」です!
それぞれの道場から選抜された門下生が、道場の威信を懸けて熱戦を繰り広げる様は、まさに「絶対に負けられない闘い」!!





結果は3対2で人間塾の勝利でしたが、選手と応援団が一丸となって、会場は大いに盛り上がりました!

こうして、興奮も冷めやらぬなか第3回人間塾・大川道場交流大会は無事に終了いたしました。
大会役員及び保護者の皆さま、お疲れさまでした。

また、審判の先生方にも重ねてお礼を申し上げます。


最後に、各道場の門下生の皆さん!第4回大会に向けて、日々の稽古を一生懸命がんばっていきましょう!
スポンサーサイト
10月16日沖縄県南城市玉城総合体育館にて

『第21回全沖縄空手道連盟空手選手権大会』

がありました。


連盟大会①


今大会には宗家仲里先生、門下生の高里

大川道場館長宮城先生、副館長嘉数先生、

門下生の仲間・新垣・瀬長

が大会役員及び競技役員・補助員として

大会運営に回り



大川道場門下生

型の部

○小学生(1~2年)男女混合に4名

    (3~4年)男女混合に6名

    (5~6年)男女混合に3名

○中学生男子2名・女子3名

○一般女子(級)の部1名・(段)の部2名


組手の部

○小学生(3~4年)男女混合に3名
    (5~6年)男女混合に1名

○中学生男子1名・女子1名

○一般男子(段)1名

が出場。

連盟大会②

(開会式の模様)

10月とはいえまだまだ残暑残る沖縄

朝から体育館は熱気に包まれていました。

連盟大会③

普段とは違って真剣な表情で出番を待ってます。

連盟大会④

2か月以上前から今大会に向けて取り組んだ成果を

十分に発揮!



午前中が型競技で休憩をはさんで

午後から組手競技に移りました。

連盟大会⑤


結果のほうですが

型競技で小学生(3~4年)及び

中学生女子の部で三位

一般女子(段)準優勝

以上3名が今大会で入賞しました。
連盟大会⑧

今回結果を残せなかった子供もいましたが

次回は結果が残るよう指導も頑張ることと

選手として出場できるよう

稽古を積んでいこうと思いました。

先日10月8日〜10月9日の間行われた


『全沖縄少林寺流空手道協会求道館北海道支部

創立十周年記念祝賀会

及び

北海道支部第十回沖縄少林寺流空手道演武大会』

についてです。


二代目宗家はじめ副会長、理事長、門下生と

その家族含め7名と


喜屋武先生・流祖仲里先生両名の写真を携え

来道しました。

北海道支部十周年記念祝賀会①
(喜屋武朝徳先生・仲里常延先生)


飛行機の遅延で予定より1時間近く到着が遅れたのですが

温かい歓迎を受け祝賀会会場へ移動。


北海道支部長笠羽光行先生の挨拶で始まった祝賀会

北海道支部十周年記念祝賀会③

求道館少林寺流空手道との出会った話は

感深いものがありました。


祝賀会ではサプライズとして

二代目宗家仲里先生の誕生日を祝ってもらい

沖縄の門下生としては北海道支部に

一本取られた気持ちでしたが大成功で

とっても良かったです。

北海道支部十周年記念祝賀会②




二日目は江別市東野幌体育館にて

『北海道支部創立十周年記念演武会』及び

『空手道セミナー』、『特別演武』でした。



北海道支部十周年記念演武会②
演武会前に北海道支部から歓迎の意味で

沖縄のエイサー「ミルクムナリ」の演舞で

歓迎してくれました。



午前中の演武大会では

仲里先生、宮城先生、嘉数先生

御三方の鋭い視線。

北海道支部十周年記念演武会⑥


北海道支部の門下生は普段以上の緊張感が

あったと思います。



大人の演武も勿論のこと小・中学生は

昨年の命名六十周年記念大会の時よりも

着実に上達しているのが感じられ

沖縄で子どもたちを指導してる身としても

大変励みになりました。

北海道支部十周年記念演武会⑤


午前、演武会の最後は

北海道支部十周年記念演武会⑦
笠羽利憲先生「徳嶺の棍」


北海道支部十周年記念演武会⑧
笠羽浩二先生「鎮闘(チントー)」


北海道支部十周年記念演武会⑨
笠羽光行先生「公相君(クーサンクー)」



午後はセミナーと言うことで

東京支部髙木館長、長田、砂川、新垣も参加して

北海道支部と一緒に汗を流しました。


北海道支部十周年記念セミナー④



有段者は宗家直々に
北海道支部十周年記念セミナー②
(休憩時間を惜しむほど熱のある指導でした)



茶・緑帯を宮城先生
北海道支部十周年記念セミナー③
(騎馬立ちを教えているのでしょう)


青・黄・白を嘉数先生
北海道支部十周年記念セミナー⑦
(砂川、新垣も指導のサポートに)

セミナー後は沖縄の先生方の特別演武!

北海道支部特別演武①
理事長嘉数先生はセーサン


北海道支部特別演武②
副会長宮城先生はパッサイ


北海道支部特別演武③


北海道支部特別演武④
宗家仲里先生はチントーとアーナンクー



沖縄の地で稽古に励む砂川・新垣も

なかなか見ることのない先生方の演武は

とても印象深く

北海道支部全員の目に焼きついたことでしょう。


北海道支部十周年記念演武会11

演武会終了後に大会出場者に

大川道場より沖縄お菓子の詰め合わせをプレゼント。



夜は懇親会を開いてもらい前日の祝賀会とは違って

各テーブル笑談が目立ってました。


北海道支部十周年懇親会①

日頃の稽古の話、今回の十周年記念に向けての話

また北海道の地域特性なんかも聞くことができ

これもまたとても良かったです。


宴もたけなわ・・・とはいかず、一次会を締め

二次会に移りました。


昼は空手の稽古、一次会は肝稽古と続き

二次会は喉稽古となり楽しい席でした。

北海道支部十周年懇親会②
(北海道支部長です)



沖縄を出発するとき30度近い気温が

札幌に着くと10度・・・

気温は寒かったですが、北海道支部長をはじめとする

師範、指導員、門下生からは大変温かな御配慮頂き

本当にありがとうございました。
北海道には当協会公認の笠羽光行支部長が主宰する5道場がある。この度、創立10周年を迎えるにあたり記念行事が開催され、沖縄側から7名、東京支部から2名が参加させていただいた。平成18年8月、運命の糸に手繰り寄せられるように常延先生と笠羽支部長が沖縄にて出会いこの日が迎えられたこと、感慨深いものがある。日程として8日(土)は札幌市内のホテルにて記念式典、翌9日(日)は江別市において午前中の型試合および演武会、午後の空手道セミナーと充実した内容であり、先代常延先生も大変喜んでいらっしゃると思う。全ての門下生がベストを尽くし、長時間ピンと張り詰めた良い緊張感を保った中で進められ、一般から子供たちに至るまで少林寺流空手道に真摯に向き合う姿に感動した。また、特記しておかなければならないことは支部長の96歳になられる母上がわざわざ会場まで足を運んでいただいたこと。ご丁重なるご挨拶を頂戴し恐縮いたすと同時に9年前と変わらぬお元気なお姿に安堵した。色んな方々に支えられながら少林寺流空手道が存在するのだと改めて肝に銘じ、臥薪嘗胆の努力を惜しまず継続していこう。ひとつ余談であるが、記念式典において私のサプライズ誕生祝いがあり、人生初の「ハッピーバースデイ」を皆で大合唱していただくなど嬉しいやら恥ずかしいやら、幸せな瞬間に感激した。ありがとうございました。最後に立派な記念誌や大会作りなど関係者の皆さんのご努力に心から敬意を表したいと思います。それでは、また20周年に向かって!
 本日、仲里常延先生の七回忌を迎え、時の経つことの早さを実感しているところである。この日にあたり少し思いを巡らせたい。
 本部道場新築を機に「求道館」と道場名を改め、如何なる内容であれ、如何なる者であれ、その目的が社会貢献に資するものであれば開放することとした常延先生であったが、今なお受け継がれており師もさぞ安心されていることであろう。しかし、この場所は誰のものでもない(無論、所有者は明確である)、常延先生の築いた世界なのである。師の鳳声に従い歴史を直視し、将来を見据え、「道」に恥じぬよう軽々な行動は厳に慎まなければならない。種々の動きがあることは承知しているが言動を慎めと諭されたことを全うし、静かに伝統の継承者としての責務を果たさんことを師の墓前に改めてお誓い申し上げるのみである。これからも俗事に翻弄されず、積極的発信の欠乏に起因する誤解も恐れず、亡き主と過ごした時間と空間に思いを致し「真実の道」を真っ直ぐ進んでいくことに集中することを決心した。
 北海道支部、東京支部から遠路はるばる沖縄まで七回忌法要にご参列いただく道友と今日だけは師の思い出話に耽ってみようと思う。そして、全沖縄少林寺流空手道協会所属9道場の全門下生は受け止めなければならない。紛れもなくここは我が「求道館」なのである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。