上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年の瀬を迎え、今年も残すところ

あとわずかになりました。


今回は流祖道場の大掃除状況をアップします!

草刈りももちろん道場内の清掃メインで行いました。





道場内にある全ての物を一度外へ出し




そこから陽に焼けた棚や木の窓枠にニス塗りを実施







隅々まで手塗りです。


その合間に床のモップがけや窓拭き等も行い


仕上げはワックスがけ





写真の加工などありません、見違える様に綺麗になりました!



大掃除ということでもう一手間加えたのが


「少林寺流命名の碑」の洗浄と色入れです






今回の大掃除

昼13時〜夕方18時過ぎまで掛かりましたが

大変有意義な時間だったと思います。
スポンサーサイト

全国的に夏日が続きますが

皆様体調には十分注意して下さい


さて先日ですが

当協会流祖道場の草刈りを実施。





今回は

大川道場から宮城副会長をはじめ

我那覇、新垣、西銘、瀬長の

5名で行いました。





それぞれ仕事を夕方には

切り上げ6時から始まった作業。





日の長い沖縄はこの時間でも

まだまだ明るく暑い日差しで気温も高い。





流祖道場に足を運んだ方は

もちろん写真でもわかる通り

流祖道場の広い敷地です。



限られた時間の中で

汗だくになりながら

黙々と作業を進めていき

刈った草を集めて捨てる

作業が終わった頃には

すでに真っ暗…(8時ごろでした)






この画像は翌日に撮影したものですが


このように綺麗に管理してます。



以上


続いて担当します、高里千春です!!
先日、道場を与那原の浜田区公民館でスタートしました!
今回はじめてブログを書きます。
どうぞよろしくお願いします(о´∀`о)

さて、2日目の日曜日は
朝早くから髙木道場の館長と門下生が
掃除して待ってくれていました!
ありがとうございましたm(_ _)m

9時半から皆さんぞろぞろと来られ
まずは準備運動を。
10時から宗家と富盛相談役が来てくださり、
皆で基本稽古を行いました。

しかし皆さんの勢いがすごい!
バシバシ!!っと。
その素早さと安定感にビックリ(*⁰▿⁰*)

その後は、館長・黒帯・色帯と
3組に分かれて型の稽古を。

t1

そして、沖縄研修恒例、
延々と続く、型の反復稽古!!
t2


2回じゃ終わりません。
風はありましたが、
それを感じさせないほどの熱気。
型の修正点を指摘されてから
ひたすら繰り返される型、型、型!!!
皆の汗がポタポタと流れ落ちていきます。

エキサイティング!!

t3


どんな修正をしているのか、
自分は間違っていないだろうか?
ほかの人の型を見て確認しながら、
自分の番で全力を出し切る!

皆さんが持ってこられた
ペットボトルの持ち込み量がすごい!
多い人で5~6本。
落合館長も滝のような汗を流されていました。

そんななか、
大川道場の宮城館長も来てくださり、
いよいよ室井さんの昇段審査がスタート!

室井さん、本当に型が素早いんです!
以前よりも、かなり◎の安定感。
t4


型二つを終えた後は、組手を。

気になる結果は……見事貮段昇段!
おめでとうございます!!

最後に先生方からコメントをいただき、
写真をパシャリ。
次の昇段審査も楽しみですね!

休憩時間中も、
ほとんどの皆さんが熱心に型の稽古を。

「休むのがもったいない!」と
型の稽古に励まれる皆さんの姿に
強い刺激を受けました。
型での力強さで、手を蹴り……
手がおーるー!長田さん。
(※おーるー:沖縄の方言で「青タン」)

エキサイティング!!

それから15時まで皆の稽古は続き
髙木館長と長田さんは
17時前まで稽古したようです。

今回来てくださった、
東京支部の
塚本館長および道場の皆様。
落合館長および道場の皆様。
高木館長、長田事務局および道場の皆様。
遠いところまでありがとうございました。
私達沖縄組も
皆さんと一緒にこれからも頑張りますね!

感謝の2日間。
本当にありがとうございました!!
こんにちわ。
大川道場の砂川です。
5月も終盤に差し掛かり暑さが厳しくなってきましたね。熱中症には十分注意しましょう!

さて、先週末の19日20日は東京支部の皆さんが来沖され、知念の流祖道場で稽古が行われました。宗家道場の知念さんと高里さん、そして私も加わり、総勢14名! 各々準備運動を済ませ、13時から稽古が始まりました。

まずは全員で基本稽古。わずかに休憩した後、有段者とそれ以外の2グループに分かれ型稽古を行いました。
当日は曇空で風が少し吹いており、稽古するには適度な気温だなぁと思っていたのですが、基本稽古を終えると一転!早くも汗だくになっていました。
しかし、そんな暑さにも負けず、みな精一杯の力で型稽古に臨み、仲里宗家、宮城副会長、嘉数理事長、富盛相談役からたくさんの指導を受けました。




型稽古が1時間半ほど経過したところで、一区切り。続いて、東京支部の落合館長、長田さんの昇段審査が行われました。
4名の先生方の前で、しかも流祖道場で行う昇段審査となると、私だったらガチガチに緊張して震えてしまうと思います。恐らくお二方も相当緊張したと思いますが、持てる力と少林寺流空手に対する情熱を込めて、型を行っていました。
結果はお二方とも合格!!本当におめでとうございました!

昇段審査が終わり、道場内はしばらく祝福ムードに包まれていましたが、再び型稽古が始まると全員真剣モードに早変わり。パッサイ、五十四歩、チントウの指導をして頂きました。






こうして、13時から始まった稽古は16時過ぎに終了。いつもより短い時間で稽古が終わってしまったのですが、実は今回、稽古後に全員で流祖道場の清掃作業も行ったのです!

Before


After



宮城副会長を筆頭に、大川道場の我那覇、西銘、瀬長が、15時から草刈り機で草刈りを行い、稽古を終えた全員で刈った草の後片付けをしました。
流祖道場の敷地は広く、また雑草も相当伸びていたため、清掃作業はとても大変でしたが、先代の仲里常延先生に少しでも恩返し出来たらと、みな一生懸命作業に取り組みました!
稽古終わりの肉体労働に、みんなで「しんどい」「キツい」と言い合いながらも、清掃後は達成感と一体感を感じることができ(私だけ?)、良い経験になりました。

稽古も清掃作業も終え、宮城副会長が差し入れてくれた「ジーマミー豆腐」をいただいたところで、一日目は終了。
東京支部の門下生と稽古を行って、たくさん刺激を受け、多くのことを学ぶことができました。
次回来沖する時には、是非またご一緒させてください(^_^)


(↑撮影:長田さん)
先日ですが当協会に新しい道場が誕生です。


宗家道場門下生である高里千春が


彼女の地元に道場を開設。







初稽古の日


協会副会長の宮城先生が


ビッグミットを贈呈されました。






広告チラシやSNS等の呼びかけで


初日とはいえ多くの子どもや大人が見学・体験



宗家道場の知念


大川道場の仲間・我那覇・新垣・西銘・川門が


初稽古のサポートに入りました。



19時〜20時は小学生を主体に


20時〜21時は大人を主体に稽古






初めは拳の握り方、次に正面突き


中段・上段の受け、下段払い、前蹴りといった


空手の基本動作を重点的に教え



後半にはミットを使って実際に突きや蹴りを体験。





慣れないミット打ちで最初は戸惑っていたものの

基本の突きや蹴りを実際にさせることによって

笑顔が出てきてたので

空手の楽しさを感じた瞬間なのかなと思いました。





また稽古中は絶えず高里館長が笑顔でいて

本人の目指す楽しい空手の雰囲気が

道場にあふれていました。




高里道場は毎週火曜日に


与那原町にある浜田区公民館にて


19〜21時の間やってますので


気軽に見学・体験待ってます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。